おいもさんち

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいもさんち

この平凡な毎日に、笑顔の花を咲かせよう

1人旅に飽きた方へオススメしたいスタディツアーがここにある

お金を稼ぐようになってから一人旅をするようになったのだけど、行く先々似たり寄ったり。

というのも旅行すると目に入ってくる情報のほとんどがこれ。

 

・おみやげと書かれた看板

・何台も車が停まれる駐車場

・”観光地”と呼ばれる場所に集まる人の群れ

 

写真やネットに載ってる建物や風景ではない+αに見飽きてない?

 

ありきたりじゃない旅がしたいと探していたら、一般社団法人リディラバがおもしろいツアーを企画していました。

 

社会問題と向きあう旅

f:id:oimotoimoco:20170313195916j:plain

社会問題の現場に訪れることができるスタディツアーを提供しています。参加費の一部はツアーを運営するNPOに届けているのもステキですね。

こんなこともやってるの?と感じてしまうほど、何でもツアーにしちゃってます。ぼくは都会でホームレス事情を知るツアー風俗嬢とラブホでおしゃべり!大人な女子会ツアーin大宮とか参加してみたい。

 

実際に参加した!

f:id:oimotoimoco:20170313200021j:plain

ぼくは古民家をリノベしてきた。しかも集合場所までの片道交通費を2万円まで支給してもらえた!参加人数12人と小数。

参加者と現地の人たちがイベントを通して深くかかわるツアーその深さは「連絡先を交換したくなる(任意)」くらい。ワイワイみんなと仲良くなりたいぜ!って方は絶対に参加した方がいい。 

 

メインイベントは、ざっくり言うと

①柿渋とベンガラを使った壁の塗り方を知己の人に教わる!

②塗り方を覚えたら、実際に皆で頼宗邸の壁を賑やかに塗る!

府中市内の賑やかなお祭りに参加し、一層地域の人と仲良くなってみる!

あっ、頼宗邸は今回リノベした由緒ある建物です。

 

当日の動きは1泊2日でこんな感じだった。

①みんなと頼宗邸で昼食!(おかわり自由)

f:id:oimotoimoco:20170313211203j:plain

 

②柿渋・ベンガラで屋根を支える垂木を塗る!(黒いのが塗ったあと)

f:id:oimotoimoco:20170313211316j:plain

 

ユースホステルで晩ご飯&おしゃべり

f:id:oimotoimoco:20170313211527j:plain

 

④朝ごはん

※寝起きで撮るの忘れた!

 

府中市内を観光

f:id:oimotoimoco:20170313211731j:plain

 

頼宗邸で竹切り、竹割り

のこぎりで切り、竹割機で4等分した。

  

頼宗邸でBBQ

f:id:oimotoimoco:20170313212601j:plain

 

ごはんも泊まるところもついてきて、観光できるしリノベできて交通費も半分支給とか。オトクすぎやしませんか?

 

行かないところに行き、出会わない人に出会うことが新鮮

ぼくが訪れた広島県府中市は、このツアーがなかったら正直、死ぬまで行かなかったと思う。

f:id:oimotoimoco:20170314182059p:plain

出典:府中市プロフィール|広島県府中市

 

グーグルアースで見れば分かるように、四方は山で囲まれてる。

移動手段は電車がメインなので、よほどの山好きじゃないと旅先に府中をわざわざ選ばないでしょ。それよりも尾道厳島神社の方面に行った方が楽しそう。

だからこそ、観光客がいない町を観光するのは新鮮だった。

 

ウィンドショッピングするように、丁寧に飾られたひな人形を見ることなんてできなかっただろうし、

f:id:oimotoimoco:20170313220002j:plain

f:id:oimotoimoco:20170313220228j:plain

 

金魚は泳ぐさまから「人生を悠々と渡る」、たけのこは、成長の早さから「すくすくと育ってほしい」といった想いが込められている。と、つるし雛の飾り1つ1つには意味があることを花屋のおばちゃんに教わった。

f:id:oimotoimoco:20170314191741j:plain

f:id:oimotoimoco:20170313220926j:plain

別にネットで調べたら似たようなことは見つかるのだけど、都会の娘のために作ったが飾るスペースがなくて実家で飾っていること、今は小さなつるし雛を作ろうとしていることは知らないままだった。

 

観光以外にもツアーの企画者も新鮮で、畑のどまんなかで寝袋で一夜を明かしたが極寒だった話とか好き。

BBQしながら山のおっちゃんたちに人生相談してもらったり、仲良くなった参加者と温泉で語ったこともいい思い出。

 

まとめ

f:id:oimotoimoco:20170314195004j:plain

メインイベントは壁を塗ることだった。ツアーに参加したからといって、古民家をリノベできるようになった!なんてとても言えたものではない。体感として、どれほどの時間と労力が必要か分かるくらい。

十分それでも楽しめたんだけど、リノベ以上にリノベ以外のところで楽しめた。

関わった人たちと仲良くなっていく過程が、他のツアーにない要素だから満足した2日を過ごせた。もちろん帰りの新幹線は爆睡 ←旅の理想のかたち

 

興味を持った方はこちらからスタディツアーを探してみてはいかがでしょうか。